ホール駐車場の一斉巡回を実施/関西遊商

  2016年06月10日(金)

   

関西遊商(草加和徳理事長)は6月10日、ホール駐車場の特別巡回活動を実施した。

出発に先立ち小山康行社会貢献・環境対策委員長が「今、業界は厳しい状況にあるが、こういった活動は社会に対するアピールになると思っている。暑さには気を付けて頑張ってください」と挨拶。今回の一斉巡回は、取扱主任者リーダーと社会貢献・環境対策委員による実施となり、取扱主任者リーダー52名、社会貢献・環境対策委員10名、セキュリティー委員1名の計63名が参加。参加者は、8つのグループに分かれて大阪府内の16店舗を訪れ、駐車場に止められた車の中に子どもが取り残されていないか、一台一台を入念にチェックした。

同組合では平成24年より、6月1日から9月30日の4カ月間をホール駐車場の特別警戒期間として「ホール駐車場の幼児置き去り等の車内事故を未然に防止するための特別警戒巡回」活動を実施。この一斉巡回は、取扱主任者リーダーが社内において啓蒙、方法を指導する事を目的として実施している。

DSC_9709

 – 業界ニュース, 社会貢献活動
 –

Copyright© グーパチ(Gooパチ) All Right Reserved.