地域社会と共に在るホール運営を/新潟県遊協

  2016年06月20日(月)

   

新潟県遊協(佐藤孔一理事長)は6月16日、新潟市の新潟グランドホテルにて、第65回通常総会を開催。組合員57名中委任状を含む48名が出席する中、全議案滞りなく承認可決した。

佐藤孔一理事長は挨拶の中で「我々は今まで大きな問題に遭遇しながらも、業界が一丸となって問題解決に取り組んできた。20年に一度と言われるほど困難な状況にあるが、組合員と力を合わせてこの難局を乗り切りたい。より一層の適正なホール運営と健全な遊技環境の構築に取り組んでいく」と述べ、組合員に対し理解と協力を求めた。

恒例の寄付金贈呈式では(公財)新潟県暴力追放運動推進センターに寄付金50万円を贈呈。他にも全日本社会貢献団体機構助成事業内定式も行われ、来賓祝辞では新潟県警察本部生活安全部の齋藤卓也部長が登壇し、祝辞を述べた。

総会の第6号議案では、6月8日の理事会で決議した「適正なホール営業及び自主規制の一部見直しに伴う広告・宣伝等の適正化の徹底について」を改めて報告。昨今の社会情勢の変化に伴い、営業所周辺の正常な環境作りが今一層求められているとして、自主規制の一部に新台入替を予定した告知広告や、営業所外部に向けた広告等に提示期間を設定。地域社会と共にある適正なホール運営に努めるよう呼び掛けた。

総会終了後の懇親会には、泉田裕彦県知事や県議会の柄沢正三議員らが臨席した。

4

 – 業界ニュース
 –

Copyright© グーパチ(Gooパチ) All Right Reserved.