全日遊連、阿部体制続投

  2016年06月25日(土)

   


全日遊連(阿部恭久理事長)は6
月24日、都内港区のSHISNAGA GOOS(シナガワグース)で第25回通常総会を開催。阿部恭久理事長及び現執行部の再任を決めた。

総会は51会員中、47会員が出席し成立。任期満了に伴う理事及び監事改選の件など、全7号議案を可決した。また議事に先立ち表彰式を行い、退任理事や事業振興への貢献が高かった傘下組合に対し、感謝状を授与した。

役員改選の結果、選任を受けた役員は下記の通り。何れも前期から留任となる。

■執行部一覧(※敬称略)

阿部理事長は再任に当たり「厳しい状況のなか、少しでも良い遊技環境ができるよう一丸となり進んでいきたい」と意気込みを語った。

理事会後の懇親会では、警察庁生活安全局保安課の大門雅弘課長補佐が、同課の小柳誠二課長の祝辞を代読。「貴連合会では、遊技産業健全化推進機構への支援を始めとした不正防止対策、リカバリーサポートネットワークへの支援、駐車場の巡回等を通じた児童の車内放置事案防止対策、広告宣伝等に掛かる相互チェックシステム等、のめり込み対策や業界の健全化に向けた取り組みを推進してきた。今後ともこうした活動に最大限の努力をして頂ければと思う」と、更なる諸活動の取り組みに期待を寄せた。

全日遊連・阿部恭久理事長

警察庁生活安全局保安課・大門雅弘課長補佐

 

退任理事等への表彰式

0

 

 – 業界ニュース
 –

Copyright© グーパチ(Gooパチ) All Right Reserved.