「どんぐり採種ツアー」に参加/全商協

  2016年12月05日(月)

   

全商協(中村昌勇会長)は11月18日と19日の2日間、鎮守の森のプロジェクトの一環として「どんぐり採種ツアー」に参加。全商協を含め全国から40名近いボランティアが集まった。

この活動は、5年前の東日本大震災により津波の被害を受けた被災地に森の防潮堤を作る「鎮守の森のプロジェクト(代表理事 細川護熙元首相)」による活動の一貫として開催され、その植樹のために必要な苗の種となる「どんぐり」を東北各地で採取するという取り組み。

18日は岩沼市内の千年希望の丘相野釜公園周辺で、平成25年6月に植樹したマサキやネズミモチの低木の採種を行った後、同じく岩沼市内の館腰神社・弘誓寺へ移動し、境内にあるウラジロガシとシラカシのどんぐりを採種。また、19日は仙台市内のホテルで植樹に関する座学講義を受けた後、仙台市の榴ケ岡公園でシラカシ12,000粒。大崎八幡宮でもシラカシ6,000粒、そして青葉神社ではシラカシとアカガシ20,000粒を採種した。

採種したどんぐりはおよそ2年から3年で苗木に成長し、当プロジェクト等で行う植樹祭で植えてから、20年後には15メートル前後の樹木に成長するという。参加者からは「将来成長を見届けるのが楽しみ」といった声が聞かれた。

1

 – 業界ニュース, 社会貢献活動
 –

Copyright© グーパチ(Gooパチ) All Right Reserved.