スクエニ大作RPGをパチスロ化/ユニバーサルブロス「SLOTスターオーシャン4」

  2016年12月05日(月)

   

㈱ユニバーサルエンターテインメント(富士本淳代表取締役社長)は11月29日、都内江東区の本社で新台「SLOTスターオーシャン4」(ユニバーサルブロス製)の記者発表会を開いた。

発表会では同社執行役員で、マーケット戦略室の長谷川崇彦室長が挨拶。「本機は、スクウェア・エニックスの大作RPGをパチスロ化した。RPGのゲーム特徴である、キャラの成長・武器調達・バトルに勝つ・負ける等、独特の演出展開とART・出玉性能をリンクした機種だ。そのゲーム性に注目して欲しい」と話した。続けて、来年の展望について次のように語った。「弊社はスロットが強いというイメージがあるが、来年はパチンコに強く切り込み、驚くようなタイアップ機をリリースする予定だ。また、スロットも5.9号機の市場となるが、弊社はスロットでは一番のシェアを持つリーディングカンパニーとなったため、今後もその地位を守っていくために様々な面でブレークスルーしていきたい」と強く抱負を述べた。

次に同社マーケット戦略室の山本学課長より同機の機種説明が行われた。同機は、スクウェア・エニックスの大人気RPGとコラボしたパチスロ機で、ボーナス+ARTのタイプ、純増約1.4枚、BB204枚、RB54枚の仕様となっている。ゲーム数の概念は無く、ゲームならではの「HP(ヒットポイント)管理」でのARTが特徴。ART中はHPが減算しない「セーフゾーン」と、敵キャラとのバトル発生で勝利すればセーフゾーンへと戻る「エンカウントバトル」をループしながらARTを消化していく。ARTは、レア役当選でHPを回復(上乗せ)しながら、ボスバトルに勝利してストーリーを進める流れ。また「エンカウントバトル」は初期HPが最低5,000HPからスタートし、なくなるまでARTは継続する。なお、HPが0になっても、蘇生アイテムやARTストックがある場合は復活する事もある。独特な世界観を持ち、その美麗な演出の数々を堪能して欲しい所だ。

なお、同機は2017年1月30日の導入開始を予定している。

同社執行役員マーケット戦略室の長谷川崇彦室長

試打風景

(C)2009,2010 SQUARE ENIX CO.,LTD.All Rights Reserved.
(C)UNIVERSAL ENTERTAINMENT

 – 新台, 業界ニュース
 –

Copyright© グーパチ(Gooパチ) All Right Reserved.