中国の信じられない警察官〜2〜

  2016年12月28日(水)

前回の記事の続き


そのあと他の警察官が

バスの運転手さんに「日本の女の子は最初の駅で降りるから。」と伝えてくれました。

そして高速バスに乗って1間、空港に到着。

運転手さんが

「日本の女の子はここで降りてね。」と言ってくれました。

図々しい私はちゃっかり

「ピンクのスーツケースとってー!」とお願い(笑)←大丈夫だと分かるとすぐ元気になるw

嫌な顔一つせず運転手さんはスーツケースをとってくれました(笑)

そして、運命のチェックイン!!

空港のスタッフに

「あの日本人今来た!」と噂されました(笑)

ほんと遅れてすいません(;

そして聞きました

「私、間に合いましたか?!」

するとスタッフは忙しそうにパソコンをカタカタしながら頷きました。

この時、初めて安心して

「私助かったんだ…。」

て思いました。

そして私は緑のシールを貼られました。


{BA8AE005-7F28-4766-BF07-24712959712B}

ここまでくれば余裕と思っていたけれど、本当中国って中国にくる外人の数も半端じゃないから、出国手続きがすごい行列。

そしてそのあとセキュリティチェック

私の緑のシールは優先のシール。

並ぶことなく搭乗口へ。

それでもギリギリでした。

あぁ、本当にあの時私がインフォメーションに行ってなかったら

警察官に話しかけなかったら

私が中国語話せなかったら…

あの警察官がついてきてくれなかったら

全ては終わっていたのね。

そして私はこんな綺麗な景色を見ることが出来なかった。

{F4A5ED3E-2313-49F0-B4D0-23CFE2C5CB8A}

EMMAとも会えなかった

{9198B66D-CBA2-4432-BB76-47F5B605289D}

上海の警察官、本当にありがとう!!!

このことをデリー空港で合流したEMMAに話したら、エクスペディアにカンカンに怒ってました(笑) 


書類を見せたけど、

「こんなの誰も気づかないでしょ!

そもそも上海って2つ空港があるの!?空港を変えることなんて想像もしてないからもちろんこんなところ見ないでしょ!あなたは中国語話せるけど、他に誰が出来るの?こんな乗り継ぎ!

そして、イギリスだったらそんな風に警察官は助けないよ。日本もそうでしょう?こんな特別なことしてくれるの中国だけだよ。くたばれエクスペディア!」ってカンカン(笑)

エマはお父さんに電話してこの自体を報告。エマの両親もすごく怒ってくれました(笑)MARINAに何かあったらどうするの!?って家族でカンカン(笑)


ちなみに、私の親は私が悪いって(笑)

でもなぁ


重要:パスポートを必ず持参してください

そりゃないだろ〜

そんなことより、乗り継ぎ場所が異なりますとか一言でもいいから書けや!って言いたいくらいでした。

アルファベットが1字違うとかなの!

本当に良く見ないとダメね。。


インド1日目どころか、乗り継ぎの時点でこんなことがありました(;^ω^)

 この後なにもないわけないんだなぁ〜(笑)

私の旅に、トラブルはつきものなのです♡


つづく


Copyright© グーパチ(Gooパチ) All Right Reserved.