地域の障がい者に遊技体験を提供/プローバグループ

  2017年01月06日(金)

   

プローバグループ(平本直樹代表取締役)と全日本アミューズメント施設営業者協会連合会広島県本部は12月20日、同社が運営する広島市安佐南区の複合施設「フィエラ ディ プローバ」にて障がい者ふれあいフェスティバルを開催した。

「障がい者ふれあいフェスティバル」は、きょうされん広島県支部傘下の作業所の障害者を招待し、普段あまり触れることないボウリングやカラオケ、パチンコやゲーム機での遊技体験や人と人との触れ合い・交流を通して思いきり楽しんでもらいたいとの思いから平成8年にスタートした社会貢献事業。20回目となる今回のイベントには、引率者を含め約90名が参加した。

遊技体験では、パチンコ、ゲーム、カラオケ、ボウリングを順番に体験。同グループのスタッフは遊技の説明や遊技のサポートを通じて参加者と交流を深めた。イベント終了後には、参加者全員にお菓子のお土産がプレゼントされた。

%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0%e4%bd%93%e9%a8%93%e3%81%8a%e5%9c%9f%e7%94%a3%e6%b8%a1%e3%81%97

 – 業界ニュース, 社会貢献活動
 –

Copyright© グーパチ(Gooパチ) All Right Reserved.