「コミケ」にサミー、ネット、平和が出展

  2017年01月06日(金)

   

昨年12月29日~31日に掛けて都内江東区の東京ビッグサイトで開かれた「コミックマーケット91」に遊技機メーカー3社(サミー、ネット、平和)が出展した。

サミー㈱は10周年を迎える同社オリジナルコンテンツ「ツインエンジェル」ブースを出展。卓上カレンダーなどのオリジナル限定グッズを販売したほか、スペシャルPVの公開、着ぐるみツインエンジェルによる握手会、カイロ配布といったイベントを催した。

一方、ネット㈱は、導入開始前のパチスロ新機種「ドリスタせかんど」を一早くファンにお披露目。本機を用いてオリジナルグッズがもらえるゲーム大会を催した。また㈱平和も同社の人気コンテンツ「戦国乙女」のグッズを扱うショッピングサイト「キュイン萌―る」を出展。オリジナルTシャツやマフラーなどのグッズを販売したほか、新機種「CR戦国乙女~花~」を展示した。

コミックマーケットは世界最大規模の同人誌展示即売会で、毎年8月と12月に開かれる。40年を超える歴史があり、イベント1回当たりの延べ入場者数は50万人を超える。世間一般の注目度、認知度の高さから、近年では企業によるブース出展も目立っている。

着ぐるみツインエンジェルによる握手会で賑わったサミー㈱のイベントブース。

 – 業界ニュース
 –

Copyright© グーパチ(Gooパチ) All Right Reserved.