設立50周年に伴い制服を一新/アサヒディード

  2017年06月30日(金)

   

今年、会社設立50周年を迎えた㈱アサヒディード(板倉孝次代表取締役社長)は6月6日、全店舗で新しい制服を導入し、新たなスタートを切った。

制服は、案として4パターンを制作し、昨年、同社従業員が一同に介す場である「チャレンジシップフォーラム」の壇上で発表。最終的に従業員(社員・スタッフ)が投票を行って決めた。さらに、実際に着用するスタッフの意見を多く取り入れて作られ、制服の素材から機能に至るまで、専属の部署が中心となり、多くの声が反映されているという。

ジャケット、ベストには着心地の良いニット素材を使用し、優しい着心地を確保。色味は当社のコーポレートカラーである「青」を基調として『エリート』『イルサローネ』のメインカラーであるオレンジを要所に起用した。シックなネイビーのアウターに、ブルーと白のストライプシャツを組み合わせることで、より清潔にそして爽やかな着こなしになる。

同社は、「『親しみやすさと誠実さ』をコンセプトに、お客様をお迎えするサービスパーソンとして、誇りと自信を持って接客現場に向かう決意の一助となるデザインに仕上がった」としている。

 – 業界ニュース
 –

Copyright© グーパチ(Gooパチ) All Right Reserved.