同友会、回収問題について討議

  2016年09月23日(金)

   

同友会(東野昌一代表理事)は9月21日、都内台東区の事務局で定例理事会及び記者会見を開いた。

記者会見では、回収撤去問題の話題を中心に進められた。この問題について理事会では、次回10月開催予定の7団体連絡会議で、同組合としてどのような要望あるいは主張を行うかについて討議を行ったという。会見で東野昌一代表理事は「(第1次、第2次リストの回収対象機種が現時点で)実際0.7%残っている。真面目にやっている人がバカを見るのはよくない。まずは撤去して、その後、どうすべきかを考えることが大事。ただし撤去の話ばかりするのも業界の未来を考えると良いことではない。10月を目途にハッキリこうするんだということを考えなければならないと思う」と述べた。

なお同組合では、8月24日の理事会で、回収撤去対象機を期限内に撤去しなかった会員に対しては、会員資格を停止するとのペナルティを決議したが、今回の第1次、第2次リスト機種については、全てのホール会員企業が期限内に撤去している。

左より金光 淳用副代表理事、東野昌一代表理事

 – 業界ニュース
 –

Copyright© グーパチ(Gooパチ) All Right Reserved.