シンフォギア右ポケ最重要説

  2018年05月14日(月)

20180511_164725

以前シンフォギアブログとして出玉関係の記事を書いたのだが、とりあえず貼っておく。

http://blog.livedoor.jp/sachy_lp/archives/51515340.html

ラウンド何玉なのかってのがいかに重要かわかると思う。
実はパチンコ全般そうなんだけど、それってパチンコで生活する人なら当たり前の話。でも一般の人は違う。
もう少し簡単に書く必要があるなと思った。
ラウンドの玉なんてわかんねーよ!って人はこの記事で少しでも気にしてくれたらと思う。
20180512_123415

これは15Rの出玉の写メだが、表記は1748。
ここから打ち出しの玉を引いて15で割れば1ラウンドの玉が出るわけだ。
もちろん普通は打ち出した玉など数えてないわけだが、全開打ちしてたのなら容易。
始まった時に秒針を見ておけば解決!
終わって手を離したら2分8秒。つまり128秒。
パチンコは0.6秒で一個打ち出されているので60秒で100個。
200+(8割る0.6)=213.3個(本当は小数点が無い)
1748-213.3=1534.7
1534.7を15で割ると102.3。これが1ラウンドの出玉。
もちろん4Rでも出来る。大体40秒くらいなのだが、40秒なら60秒の2/3だから66.6個引く感じになる。
まぁこのクラスの台になると表示がまれに500オーバーとかしてるから恐ろしいんだが、その分秒数は増えてる。
つまり40秒くらいだからー…じゃなくてちゃんと計測しないと意味はないのでそこんとこはキッチリ。
んで、この写メの台はラウンド104~105の台に仕上がったわけだが、ラッシュ中打ってれば増えるからね。
104の台のボーダーは上記リンクに書いてある。
ヘソなんか見るより右見たほうが良い台探せるので、まず右見てから次に左。
そういう台。シンフォギアは。
右のポケットが開いてなければどんなにヘソ開いててもダメよ。30以上あるなら別だけどね。
アディオス

Copyright© グーパチ(Gooパチ) All Right Reserved.