全26話エピソードボーナス搭載/ネット「パチスロ凪のあすから」

  2016年10月03日(月)

   

ネット㈱(国本幸司代表取締役)は9月29日、都内豊島区のニコニコ本社イベントスペースでパチスロ新台「パチスロ 凪のあすから」のプレス向けお披露目会を開いた。

恋愛ファンタジーの名作として名高い原作は、2013年10月~2014年4月に放送された地上波TVアニメ。海の中と地上それぞれに暮らす人々を舞台に、揺れ動く思春期の少年少女たちの恋模模様を描いたファンタジー作品で、TVアニメの他に、「漫画連載」「WEBラジオ」「LINEゲーム」「アパレルチェーンコラボ」など、メディア展開も多岐にわたっている。特にTVアニメは2013年のテレビアニメランキングで第1位を獲得(※アニメサイト「あれこれ」調べ)するなど、アニメ視聴者から高い支持を集めた。

原作初のパチスロ化となる本機では、遊びやすいAタイプスペックを採用しており、アニメファン、パチスロファンともに楽しめる内容となっている。主な特徴は「当たりやすいBIG確率」「全26話を搭載したエピソードボーナス採用」「選べる告知・キャラクターのナビキャラカスタマイズ機能搭載」など。

エピソードボーナス(MAX純増290枚)時は、消化後にエピソードチャレンジ(純増0.2枚/25G継続)に移行し、消化中に原作各話の概要が25G間に渡り流れる。さらに、その間、チャレンジゲームに成功すれば、エピソードゲーム(純増0.5枚/25G継続)へ発展、またスペシャルリプレイが成立すればスペシャルエピソードに突入(純増0.5枚/50G継続)するなど、一連の展開も多岐に渡っている。

発表会で同社の濱田弘常務取締役兼商品開発部長は「弊社はこれまで“リオシリーズ”を初めとしたオリジナルタイトルを中心に発売してきた。今回、なぜアニメタイアップ機を発売するのか。それは担当の開発スタッフの1人がこの作品に深く心酔し、どうしてもパチスロを出したい、もっと多くの人に“なぎあす”を知ってもらいたい、また“なぎあす”ファンの方にもパチスロを好きになってもらいたいと強く申し出てきたことがキッカケ。一人の開発スタッフと本アニメの特別な出会いが本機に繋がった」と挨拶。本機パチスロ化の経緯を話した。

本機の導入開始は11月中旬を予定。なお発表会では、特別ゲストとして、TVアニメのオープニング楽曲を担当したRayさんが登場し、本機をPRした。

左よりRayさん、同社の濱田弘常務取締役兼商品開発部長

 – 新台, 業界ニュース
 –

Copyright© グーパチ(Gooパチ) All Right Reserved.