全12話ほか、新規映像も多数/DAXEL「パチスロウィッチクラフトワークス」

  2016年10月05日(水)

   

DAXEL㈱(藤田英樹代表取締役)は10月4日、都内千代田区の秋葉原UDXで新台「パチスロ ウィッチクラフトワークス」のプレス発表会を開催した。

同社お馴染みの“アニスロ”第5弾となる本機は、同名アニメとのタイアップ機。2014年1月~3月まで放送された全12話に加え、本機でしか観ることのできないオリジナル映像もハイクォリティで多数収録されている。

スペック面では、高稼働を記録した同社製「パチスロ百花繚乱サムライガールズ」のゲーム性を踏襲。多彩な周期減算システムをボーナス中にも採用するなど、さらに奥深くて期待感のあるゲーム性を実現した。

また市場データ分析の徹底化で導き出した最適な出玉バランスも本機の特徴だ。発表会で機種説明を行った同社企画部の岩見学部長によると、現在のパチスロ市場で高い稼働が期待できる基準は、ARTの初当たり確率1/400以上、MY単価900円以上、コイン単価2.8円以下だという。本機は、何れの基準も満たしており、ARTの初当たり確率1/348、MY単価920円、コイン単価2.3円を実現した。

このほか、発表会では主催者を代表し同社の栢森秀行代表取締役会長が挨拶。「本作は2014年にTVアニメ化され、大変人気だった。本機は新規アニメを大量投下するなど、ファンも新たな楽しみがあり、アニスロとして最高の自信作に仕上がった。是非、注目頂きたい」と本機をアピールした。

導入開始日は11月13日を予定している。

写真左より藤田英樹代表取締役社長、栢森秀行代表取締役会長、アニメの登場キャラに扮したコンパニオン。

 – 新台, 業界ニュース
 –

Copyright© グーパチ(Gooパチ) All Right Reserved.