役員改選で小田精一氏が続投/リサイクル協会

  2016年02月29日(月)

   

一般社団法人遊技機リサイクル協会(小田精一代表理事)は2月24日、都内文京区の東京ドームホテルにて第9回定時社員総会を開催。任期満了に伴う役員改選では、小田精一氏の続投が決定した。

挨拶に立った小田代表理事は、日工組が先般発表した回収リストに触れ「我々はしっかりとした廃棄処理する義務がある。市場価値がゼロになる回収台を不法投棄させないよう、改めて指定業者にも説明していく」と述べ、4期目の代表理事就任の挨拶では「責任が重く圧し掛かるが、業界発展のために尽くしていく。未加盟の県遊協に働きかけ今期こそ参加県遊協30組合を目指す。パチンコパチスロの廃材からエコバッグなどに生まれ変わる “見える化”を一般の人にも周知させたい」と今後の課題を述べた。現在の参加組合は1都24県3方面の合計28となっている。

議事は、平成27年度事業・決算報告、平成28年度事業計画・収支予算など、上程された議案は全て原案通りに可決承認。事業報告によると、平成27年度の同協会システムによる遊技機の回収台数は、パチンコ21万2,632台(前年比10.93%増/20,959台増)、パチスロは6万6,948台(前年比-1.14%減/769台減)となった。事業計画では、①パーツリサイクルの促進②障がい者自立支援及び高齢者雇用の支援③排出部材・部品の利用促進及び商品開発を三本柱に、引き続き各遊技機メーカーや府県方面遊協に対し、協会システムへの参加を促していくとした。

DSCN0605

 – 業界ニュース
 –

Copyright© グーパチ(Gooパチ) All Right Reserved.