「サタパナ銀行」が営業開始/マルハン

  2016年04月05日(火)

   

㈱マルハン(韓裕代表取締役社長)の子会社としてカンボジアで金融事業を展開するマルハンジャパン銀行及び大手マイクロファイナンス機関サタパナ社(=Sathapana Limited)は、3月28日付でカンボジア中央銀行から正式に銀行免許を取得し、4月1日より新銀行として営業を開始した。

新銀行の名称は「サタパナ銀行(=Sathapana Bank Plc.)」。本店は引き続きプノンペンを中心部に置き、取締役会長には㈱マルハンの韓昌祐代表取締役会長が就任。また、CEOにはサタパナ社のCEOであったBun Monyが就任した。

同銀行は、カンボジアで初となる金融機関の統合により、カンボジア全土に160の拠点を持つカンボジア第2位の商業銀行(2016年3月現在カンボジア内展開拠点ベース)となる。また、総資産合計約764百万ドル(約863億円)、融資残高約559百万ドル(約632億円)、資本金120百万ドル(約136億円)、従業員数約3,380名を有し、約14万の預金者と、11万以上の金融及び個人に融資を提供している

同社は「同銀行はカンボジア全土に有するネットワークを通じて、より多くのお客様に対し、総合金融サービスを提供することができるようになった。これまで以上にカンボジアの長期的な経済発展に寄与するとともに、地域に根差した銀行としてカンボジア国民の生活水準の向上に貢献していく」とコメントしている。

 – 業界ニュース
 –

Copyright© グーパチ(Gooパチ) All Right Reserved.