特殊詐欺の被害防止を呼びかけ/大阪福祉防犯協会

  2016年05月07日(土)

   

大阪福祉防犯協会(高智茂会長)は、4月19日から28日まで大阪府下の各地で開催された「春の地域安全運動」に参加。初日となる4月19日には大阪市鶴見区の鶴見署管内で各地区の防犯協会連合会をはじめ自治体、事業者、警察官とともに、道行く人たちに注意を喚起するチラシやグッズを配布した。

今回の運動における重点項目は、「子どもや女性を対象とする犯罪被害の防止」「オレオレ詐欺等の特殊詐欺の被害防止」「ひったくりや自動車を狙った犯罪被害の防止」の3点で、その中でも特殊詐欺については、今年1月から3月末までに300件を超える被害が発生しており、被害金額は昨年より増え9億7千万円を超えるなど、大きな問題となっている。また大阪府下では肉親を語り騙し取る振り込め詐欺は減少したものの、還付金などを餌に現金を振り込ませる詐欺は未だ鳴りを潜めず、非通知や知らない番号などの電話に出ないなど、特殊詐欺の被害に遭わないための自衛策の呼びかけが継続的に必要とされている。同協会ではこのような状況を受け、防犯活動の一環として、特殊詐欺に注意を促す文言を入れた卓上メモ帳を製作。今回の催しを通じて広く家庭に配布した。

同協会では今後も草の根運動を中心とした福祉支援活動とともに、安全・安心のまちづくりに寄与できるよう、防犯活動にも力を注いでいくとしている。

1官民一体となって繰り広げられた「全国地域安全運動」

 – 業界ニュース
 –

Copyright© グーパチ(Gooパチ) All Right Reserved.