趙理事長再任/群馬県遊協

  2016年05月19日(木)

   

群馬県遊協(趙栄日理事長)は5月16日、前橋市の商工会議所で第51回通常総会を開催。役員改選の結果、趙栄日理事長を再任した。

総会は委任状含め126名が出席し成立。事業報告など全4号議案が審議され、全て承認を受けた。また議事に先立ち、防犯関係に協力した功労者などを表彰した。

群馬県内のホール業界の状況は、平成27年度の当初には組合加入店舗数は143店舗だったが、その後、4店の新規出店に対して、廃業及び休業が13店。結果、平成28年3月末現在の組合加入店舗数は134店舗に減った。

趙栄日理事長は挨拶の中で、釘問題で国民のパチンコ業界への注目がかつてないほど高まったとし、さらに依然として続くファン減少に危機感を募らせた。その上でファン回復へ向けた施策として、ファン感謝デーの実施、賞品取り揃えの充実、不正防止対策の強化、社会貢献活動の推進などを挙げた。また「風営法の遵守は最低限のルール」を前提に、「身近で手軽に安心して楽しめる娯楽を提供することが国民から信頼を得る近道」という考えの下、これからも「山積する課題を克服する所存」と結んだ。

総会終了後の懇親会では、地元・群馬県選出の中曽根弘文参議院議員等が祝電を披露。同氏は「長年に渡り、国民、市民の娯楽のために大衆娯楽ということで、業界の皆さんが一丸となって活動されていることに、心から敬意を表する。今後も理事長を中心に組合がますます発展することを願う」と述べた。

趙栄日理事長趙栄日理事長

中曽根弘文参議院議員中曽根弘文参議院議員

議事に先立ち、防犯関係に協力した功労者などを表彰議事に先立ち、防犯関係に協力した功労者などを表彰

 – 業界ニュース
 –

Copyright© グーパチ(Gooパチ) All Right Reserved.