マルハン決算、大幅減益

  2016年05月30日(月)

   

㈱マルハン(韓裕代表取締役社長)は5月27日、平成28年3月期の決算短信(連結)を公表した。

グループ全体の売上高は1兆8,988億7,000万円(前期比4.0%減)、営業利益は397億4,800万円(同35.4%減)、経常利益は405億2,800万円(同36.5%減)、当期純利益173億9,800万円(同40.2%減)の減収減益となった。

期中、パチンコ事業において経費の削減と効果の最大化に取り組んだ同社は、人件費・機械入替費・広告宣伝費の三大経費を中心に見直しを図り、3カ年目標200億円の設定に対し、目標を大きく超える618億円を削減。また、顧客満足度の向上につながる施策を厳選して実施し、新たな価値の創造にチャレンジすることで新規顧客の開拓を行い、集客力の強化を図った。

しかし、遊技機の低射幸性化による売上性能の低下、高射幸性遊技機の撤去コスト増加といった問題により期中の予算修正。その結果、稼働目標の達成、他社との競争優位性等は保つことができたが、パチンコ事業の売上高は1兆8,670億7,500万円(同4.4%減)、営業利益340億3,100万円(同40.9%減)となった。

なお、平成29年3月期の連結業績予想については、売上高1兆6,665億円(前期比12.2%減)、営業利益267億円(同32.7%減)、経常利益303億円(同25.0%減)、純利益144億円(同17.2%減)。

また、平成28年3月期の運営ホール数は315店舗(ボウリング場・アミューズメント施設・その他は8店舗)、従業員数は12,482名となっている。

 – 業界ニュース
 –

Copyright© グーパチ(Gooパチ) All Right Reserved.