草刈りボランティアに初参加/全商協

  2016年07月21日(木)

   

7月9日、宮城県岩沼市の千年希望の丘相野釜公園で鎮守の森プロジェクト(代表:細川護煕元首相)の草刈りボランティアが開催され、全商協(中村昌勇会長)の社会貢献委員会のメンバー7名が参加した。

草刈りボランティアは、春と秋に行われる植樹祭の合間を縫って開催されるイベントで、全商協の組合員が参加するのは今回が初めて。当日は、あいにくの空模様で雨具を着て作業を行うこととなったが、植樹した苗木の成長の妨げとなっていた草木を伐採していき、最終的には人の腰くらいの背丈に成長した苗木がはっきり顔を覗くようになった。

同組合は「終盤には雨脚も強まり汗と泥にまみれながらの草刈りとなったが、目の前の草刈りによる達成感とともに、自分達が植樹した木々の成長を感じる事が出来て大変有意義なボランティア活動となった」と振り返った。

DSC07083
DSC07101

 – 業界ニュース, 社会貢献活動
 –

Copyright© グーパチ(Gooパチ) All Right Reserved.