「組合まつりinTOKYO」へのパチンコ出展を決議/東京都遊協

  2017年07月31日(月)

   

東京都遊協(阿部恭久理事長)は7月27日、都内新宿区の遊技会館で理事会を開催。東京都中小企業団体中央会が主催する「組合まつりin TOKYO」へのパチンコ出展について決議した。

「組合まつりin TOKYO」は、東京はもとより全国の中小企業組合を集め、組合産品の展示や販売を通じた知名度アップや販路拡大が見込まれる全国一体となったイベント。今年は8月30日に東京国際フォーラムで開かれる予定で、東京2020オリンピック、パラリンピックに向けた新たなビジネスモデル創出の場の提供も、イベント開催の目的となっている。

東京都遊協では、出展するブースにジャンボパチンコ等を設置して日本文化のひとつであるパチンコの持つ素晴らしさを発信する意向だ。今回の企画は、東遊商に共同出展を持ち掛け了承を得たことから、2団体主体で運営する方針とした。このほか、日工組も同イベントに出展することから、何らかの協力体制を検討している。

理事会に先立ち挨拶した阿部恭久理事長は「安心パチンコ・パチスロアドバイザー」講習会の現状に触れ、「今回の規則改正、ひとつのポイントは依存、のめり込み問題と言われている。こうした中で、昨日も安心パチンコ・パチスロアドバイザー講習会を開催した。多数の方にご参加頂いたが、全国的には3,000人程度であり、我々が目標としている3万人程度のまだ1割程度である。講習会をきちんと開催して依存問題に対するお店の従業員の意識レベルを高めていきたい。それがお客様を守り、業界を守ることに繋がると考えているので、是非、この点もご協力いただければと考えている」と述べた。

 – 業界ニュース
 –

Copyright© グーパチ(Gooパチ) All Right Reserved.